がん検診事業

がん検診事業とは

健康増進法に基づくがん検診等を全県統一方式で推進するため、県と県医師会から指導を受け、市町村、検診機関、郡市医師会等と協力し、検診事業が円滑に実施できるようコーディネートをするための事業を行っています。

①がん検診業務委託契約 健康増進法に基づくがん検診等を全県統一方式で推進するため、県と県医師会から指導を受け、市町村、検診機関、郡市医師会等と協力し、検診事業が円滑に実施できるようコーディネートをするための事業を行っています。
②精度管理調査事業 新潟県の検診実施機関の一層の質の向上を図り、県民に“安心”して検診を受診してもらうため、「新潟県検診精度管理調査委員会 」において、検診機関協議会会員機関を対象に精度管理等の調査を行います。また、県の委託により、 検診体制の実態把握のために、市町村のがん検診を受託する全ての検診機関(病院や診療所等を含む)に対して精度管理調査票を送付し、調査を行います。
さらに、「健(検)診ガイドライン」に基づき、各種がん検診結果から「がん」及び「がんの疑い」と診断された者に対し疫学調査及び追跡調査を実施し、調査結果を取りまとめ、各種会議に情報提供するとともに、市町村、検診機関等にフィードバックしています。
③検診結果統計分析事業 県・市町村等関係者のがん対策に資するため、各種がん検診の検診結果について、全県的な統計分析を行います。